泰阜村で「源助かぶ菜」収穫とお葉漬け体験

地域の話題

[ 2013年 12月 4日 水曜日 15時58分 ]

 泰阜村はこのほど、信州の伝統野菜「源助かぶ菜」の収穫とお葉漬け体験を村内で開いた。飯田下伊那をはじめ愛知県、遠くは大阪から訪れた37人が伝統野菜の収穫と昔ながらの加工を楽しんだ。

 村役場に集まった一行は、信州の伝統野菜に認定されている源助かぶ菜の由来と伝承地としての泰阜村の関わりを聞き、同村大畑の畑で源助かぶ菜を収穫した。

 収穫した源助かぶ菜を使って、近くのあさぎり館でお葉漬けの漬け込みを体験。昔ながらの甘いお葉漬けと砂糖を少なくしたものを食べ比べ、各々が好みの味に漬け込んだ。村産の新米とお葉漬けを昼食で味わい、近くの村立学校美術館を見学。漬け込んだ樽3キロをお土産に持ち帰った。

 源助かぶ菜は愛知県西春町(現・北名古屋市)の井上源助が南信州地域に伝えたもの。泰阜村では井上源助の原種を岡本浩三さんが守っており、県から伝統的な産地として認証を受けている。また、村商工会で販売する「源助じいさんのおはづけ」は昔ながらの漬け物の味をそのまま伝え好評を博している。

 同村は7日、昔ながらのわらぞうり作りを体験する日帰りツアーを開催する。問い合わせは、村役場(電話0260・26・2111)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54

佐藤市長「厳しい局面」

1月15日金曜日15:24

動物園で干支の引継ぎ

1月14日木曜日15:31

マスタープラン作成へ

1月14日木曜日15:18

田んぼリンクに笑顔広がる

1月13日水曜日15:16

全国に向けた練習の成果を

1月13日水曜日15:54

炎に「無病息災」の願い

1月12日火曜日15:21

熊谷氏無投票当選へ

1月12日火曜日15:59

新人のみが立候補予定

1月9日土曜日13:27

橋南の平和守るのは君

1月9日土曜日13:16

住民意向12日から再調査

1月8日金曜日15:07

豊作願う小正月飾り

1月8日金曜日15:23

地域への普及目指し

1月7日木曜日15:58








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞