泰阜村で戦没者と開拓犠牲者追悼式、訪中事業の報告会も

地域の話題

[ 2010年 10月 20日 水曜日 15時57分 ]

 泰阜村は18日、戦没者並びに開拓犠牲者追悼式を村平和殿で開催した。引き続き、村福祉センターで9月に行った方正県・大八浪開拓跡地訪中事業の報告会が行われ、中国を訪問した中学生らが開拓跡地訪問の様子を語った。

 泰阜村では戦時中、国策に従い1200人近い人々が中国三江省の大八浪(たーぱらん)へ泰阜分村開拓に赴いた。日本の敗戦により、苛酷な逃亡や収容所での生活を体験することになり、寒さや想像を絶する飢え、原因不明の疫病で638人が犠牲となった。また、軍属として戦争に参加した222人が帰らぬ人となった。

 追悼式では、村関係者や遺族などのほか、泰阜中学校全生徒も参加。慰霊の言葉や献花などに続き、中学校の校歌を歌い、犠牲者の霊を弔った。

 引き続き行われた報告会では、9月8日から12日まで行われた訪中事業の様子を報告。同事業は村の帰国支援事業が終了し、今後も歴史を風化させることなく後世に伝えようと、一般や中学生から参加者を募り開拓跡地を見ようと実施。友好関係にある方正県との交流事業を兼ねて訪問した。

 訪中事業に参加した中学生3人は、方正県第3中学校との交流の様子や日本人公墓の参拝のこと、大八浪開拓跡地で昔の家や当時を知る人と会ったこと、731部隊の記念館を見学した様子などを紹介。一緒に参加した帰国者から、当時の話を聞き満蒙開拓や戦争について思いを語った。

 引き続いて一般参加者を代表し、陶芸家の大越慶さんが写真を使って現地の様子を紹介。日本人公墓近くの収容所では8640人のうち4500人が亡くなり、冬はマイナス30度になるため死体は春になってから燃やされたことなどを報告。大八浪開拓団跡地では開拓団に縁のあった現地の人々と出会った様子を細かく語った。

 さらに、方正県第3中学校の生徒も参加し泰阜村で開催したキッズAUを紹介。中国、ロシア、北朝鮮、韓国、日本の6カ国の子どもたちが一緒に生活し最後には涙ながらに別れたことを語り、歴史を理解した上で友好関係を築いていく子どもたちに期待した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

西下トンネルが開通 松川インター大鹿線 リニア関連で新設、完成祝う

12月15日土曜日15:31

ウィルタネン彗星最接近 昴と競演 

12月15日土曜日15:42

年賀状の投かん始まる 園児は大好きな動物宛てに

12月15日土曜日15:41

先進事例に自社を見つめる ネスク―イイダが新製品・新事業の報告会

12月14日金曜日15:29

源助かぶ菜の漬物販売 生産復活させた大根も提供 泰阜村

12月14日金曜日15:25

仮橋完成で通行止め解除へ 天龍―豊根の県道 土砂崩落から2年ぶり

12月13日木曜日15:10

下農生 伝統のおせち料理に挑戦 7品を調理し重箱へ

12月13日木曜日15:57

南海トラフ地震 3ケースで防災対応 M8で沿岸は連動警戒避難

12月12日水曜日15:04

ノロウイルスが原因 保育園の集団欠席 飯田市

12月12日水曜日15:00

中央道飯田山本―園原間でチェーン義務化 大雪時

12月11日火曜日16:04

星降る夜空と空間演出 冬のナイトツアー始まる 阿智村

12月11日火曜日15:14

20カ国の文化や食通じて 飯田国際交流の夕べ

12月11日火曜日15:37

特産品をギュッと箱詰め 「あなん便冬期」出荷始まる

12月8日土曜日14:09

時計塔の「ぽぉ」が変身 飯田市街地でクリスマス企画 

12月8日土曜日14:16

けん引式車椅子を体験 阿智高地域政策コース ユニバーサルツーリズム

12月8日土曜日14:19