泰阜村のあいパークでアサギマダラが乱舞

地域の話題

[ 2019年 10月 3日 木曜日 16時15分 ]

 泰阜村平島田の観光施設「あいパークやすおか」の一角、フジバカマが咲き誇る通称「アサギマダラのレストラン」で、長距離を移動することで知られる大型のチョウ「アサギマダラ」が乱舞し、訪れた人の興奮を誘っている。

 四季折々の花木を楽しめる場所を目指す同施設では、2014年に春の遠足で訪れた泰阜小学校の児童らが、フジバカマの苗80株を定植。以降管理スタッフらが徐々に株数を増やし、現在は約7アールにわたりピンクや白の花が咲き、毎年多くのアサギマダラを誘っている。

 今年も9月中旬ごろから飛来を確認し、月末には1日で約100匹のマーキングができるなど「レストラン」は大盛況。2日午後3時過ぎにも多くのアサギマダラがじゃれ合うように飛び交い、1つの株に複数匹が羽を休める姿や、水色の美しい羽を大きく広げる姿などが見られた。

 管理人の木下之義さん(67)は「日や時間帯によって飛来する数が全然違うが、涼しい時の方が多い傾向がある。フジバカマとアサギマダラの共演を楽しんでもらえたら」と話している。

 問い合わせは同施設(電話0260・26・2001)へ。

◎写真説明:並んで羽を休めるアサギマダラ

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞