泰阜村の農家で凍み大根作り

地域の話題

[ 2014年 1月 17日 金曜日 9時41分 ]

 泰阜村大畑の農家でこのほど、伝統の凍(し)み大根作りが行われた。ひもで結んだ庭先に輪切りのダイコンがずらりと並ぶ冬の風物詩。夜間に凍り、昼間に解けることを繰り返して味がしみこんでいく。

 例年の凍み大根作りは小正月明けごろから始まるが、10日ごろからの冷え込みでことしの凍み大根作りは早めに行った。洗ったダイコンの皮をむいて輪切りにし、湯がいたものを6―8個ずつわらで通して縛り、大きなみそ釜で7杯分ほどを作った。同農家ではできた凍み大根を親戚や知人などへ分けているという。

 凍み大根は昔ながらの保存食で、田植えなどのいそがしい時期に食べられた。ニンジンやネギ、ゴボウ、イモなどとともに煮物などに入れて食べるとおいしいという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞