泰阜村の農家で凍み大根作り

地域の話題

[ 2014年 1月 17日 金曜日 9時41分 ]

 泰阜村大畑の農家でこのほど、伝統の凍(し)み大根作りが行われた。ひもで結んだ庭先に輪切りのダイコンがずらりと並ぶ冬の風物詩。夜間に凍り、昼間に解けることを繰り返して味がしみこんでいく。

 例年の凍み大根作りは小正月明けごろから始まるが、10日ごろからの冷え込みでことしの凍み大根作りは早めに行った。洗ったダイコンの皮をむいて輪切りにし、湯がいたものを6―8個ずつわらで通して縛り、大きなみそ釜で7杯分ほどを作った。同農家ではできた凍み大根を親戚や知人などへ分けているという。

 凍み大根は昔ながらの保存食で、田植えなどのいそがしい時期に食べられた。ニンジンやネギ、ゴボウ、イモなどとともに煮物などに入れて食べるとおいしいという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞