「名刺代わり」のクッキー開発 泰阜村観光協

地域の話題

[ 2015年 10月 31日 土曜日 11時41分 ]

 泰阜村観光協会(会長・松島貞治村長)はインターネットを使った地元特産品の情報発信強化を狙い、「名刺代わり」と位置付ける新商品「少量多品種クッキー」を開発し、30日にお披露目した。箱の中に村の特産品を紹介するパンフレットを入れて村外での販売に力を注ぐ考えで、12月1日からネットでの販売も開始する予定だ。

 観光協会と生産者、村地域おこし協力隊らが連携し、本年度県の地域発元気づくり支援金を活用して行う「手創りの特産品をインターネットで発信しよう!」事業。

 広告塔にもなる新商品のクッキーは、村の標高差を生かして多品種の野菜や果物を生産する特徴に着目し、クルミとリンゴ、ユズ、ブルーベリーの4種類をトッピングしたオリジナル商品。特産品の柚餅子を生産加工する女性(76)は「新しい発想で出来上がった。柚餅子の見方が変わった」と喜んだ。

 アドバイザーを務めたシニア野菜ソムリエ(37)は「数に限りがあるから価値が上がる。イベントなどでアピールしていきたい」と意欲的で、観光協会副会長(76)は「生産者も一緒に全体でまとまって行う初めての取り組み。村を発信、発展させるためのきっかけになればうれしい」と期待を込めた。

 クッキーは試験的に400箱生産し、価格は1000円に決定。「泰阜村じまんの逸品」と題したリンゴ、梅ジュースや黒ニンニク、木工品、手づくりコンニャクなど10種類以上の特産加工品を掲載したパンフレットを箱の中に入れ込む。村内外のイベントやふるさと会、銀座NAGANOなどで販売するほか、12月からネットでも注文できるようにするという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08

おいしいメンマ期待し

5月21日木曜日15:32

地元シードル「より大勢に」

5月20日水曜日15:15








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞