「名刺代わり」のクッキー開発 泰阜村観光協

地域の話題

[ 2015年 10月 31日 土曜日 11時41分 ]

 泰阜村観光協会(会長・松島貞治村長)はインターネットを使った地元特産品の情報発信強化を狙い、「名刺代わり」と位置付ける新商品「少量多品種クッキー」を開発し、30日にお披露目した。箱の中に村の特産品を紹介するパンフレットを入れて村外での販売に力を注ぐ考えで、12月1日からネットでの販売も開始する予定だ。

 観光協会と生産者、村地域おこし協力隊らが連携し、本年度県の地域発元気づくり支援金を活用して行う「手創りの特産品をインターネットで発信しよう!」事業。

 広告塔にもなる新商品のクッキーは、村の標高差を生かして多品種の野菜や果物を生産する特徴に着目し、クルミとリンゴ、ユズ、ブルーベリーの4種類をトッピングしたオリジナル商品。特産品の柚餅子を生産加工する女性(76)は「新しい発想で出来上がった。柚餅子の見方が変わった」と喜んだ。

 アドバイザーを務めたシニア野菜ソムリエ(37)は「数に限りがあるから価値が上がる。イベントなどでアピールしていきたい」と意欲的で、観光協会副会長(76)は「生産者も一緒に全体でまとまって行う初めての取り組み。村を発信、発展させるためのきっかけになればうれしい」と期待を込めた。

 クッキーは試験的に400箱生産し、価格は1000円に決定。「泰阜村じまんの逸品」と題したリンゴ、梅ジュースや黒ニンニク、木工品、手づくりコンニャクなど10種類以上の特産加工品を掲載したパンフレットを箱の中に入れ込む。村内外のイベントやふるさと会、銀座NAGANOなどで販売するほか、12月からネットでも注文できるようにするという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30