浪合中が文化祭で閉校記念企画

地域の話題

[ 2010年 10月 19日 火曜日 15時00分 ]

 統合に伴い、来年3月末で閉校となる阿智村の浪合中学校は16、17の両日、小中合同としては最後の文化祭「深山祭」を開いた。17日は閉校記念企画として、寸劇と卒業生の話で中学の歴史を振り返ったほか、郷土学習の成果を発表し合った。

 寸劇は、正面玄関前で学校と児童生徒の歩みを見守ってきた「あおいの桜」を擬人化し、生徒たちとのやりとりを通して、学校で起きたさまざまな出来事を紹介。その当時在校した4人が記憶をたどり、学校との別れを惜しんだ。

 1947(昭和22)年の第1期卒業生は、苦しかった戦中戦後の記憶や、生徒数が多く盛大だった運動会の様子を回顧。生徒の熱意に教職員が応え、文化祭を初めて開いた77年に生徒会役員を務めた女性は「バトンをつないでくれた皆さんに感謝したい」と話した。

 新旧校舎に通った先輩は、当時の写真を数多く使って発表し、軟式テニス部の黄金期を築いた一人は「阿智中に行っても浪合健児の誇りを胸に、部活からその後の人生に役立つ何かを学んで」と呼び掛け、在校生と一緒に応援歌を歌った。

 郷土学習発表会では、小中合同で行ってきた行事や中学棟の扱いに関するアンケートの結果を発表する生徒も。「個人的には地域と連携するなど工夫して続けてほしい」と私見も語った。

 校内には初回から昨年度までの文化祭の概要をまとめた模造紙が掲示され、校舎玄関のタイルが閉校記念品として配布された。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞