浪合中が文化祭で閉校記念企画

地域の話題

[ 2010年 10月 19日 火曜日 15時00分 ]

 統合に伴い、来年3月末で閉校となる阿智村の浪合中学校は16、17の両日、小中合同としては最後の文化祭「深山祭」を開いた。17日は閉校記念企画として、寸劇と卒業生の話で中学の歴史を振り返ったほか、郷土学習の成果を発表し合った。

 寸劇は、正面玄関前で学校と児童生徒の歩みを見守ってきた「あおいの桜」を擬人化し、生徒たちとのやりとりを通して、学校で起きたさまざまな出来事を紹介。その当時在校した4人が記憶をたどり、学校との別れを惜しんだ。

 1947(昭和22)年の第1期卒業生は、苦しかった戦中戦後の記憶や、生徒数が多く盛大だった運動会の様子を回顧。生徒の熱意に教職員が応え、文化祭を初めて開いた77年に生徒会役員を務めた女性は「バトンをつないでくれた皆さんに感謝したい」と話した。

 新旧校舎に通った先輩は、当時の写真を数多く使って発表し、軟式テニス部の黄金期を築いた一人は「阿智中に行っても浪合健児の誇りを胸に、部活からその後の人生に役立つ何かを学んで」と呼び掛け、在校生と一緒に応援歌を歌った。

 郷土学習発表会では、小中合同で行ってきた行事や中学棟の扱いに関するアンケートの結果を発表する生徒も。「個人的には地域と連携するなど工夫して続けてほしい」と私見も語った。

 校内には初回から昨年度までの文化祭の概要をまとめた模造紙が掲示され、校舎玄関のタイルが閉校記念品として配布された。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

3カ月ぶり水しぶき

3月6日土曜日14:54

「願いかなえてさくら咲け」

3月6日土曜日13:58

コミュニティスクール発足

3月5日金曜日15:54

ICTによる貢献誓う

3月5日金曜日15:28

演劇通じコミュニケーション

3月4日木曜日15:56

「駅前プラザ」(仮称)イメージ示す

3月4日木曜日15:34

「森林環境教育の模範」

3月3日水曜日15:56

安全に遊べるおもちゃを

3月3日水曜日15:40

ロボコンで全国優勝

3月2日火曜日15:14

学びを糧に新たな進路へ

3月2日火曜日15:58

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞