消防技術大会で熱戦、総合優勝は第12分団(龍江)

地域の話題

[ 2010年 6月 29日 火曜日 15時08分 ]

 飯田市消防技術大会は27日、同市桐林の桐林運動場一帯で行われた。団員ら約900人が参加し、雨が降りしきる中、来月18日に開かれる飯伊大会出場をかけ、熱い戦いを繰り広げた。結果、第12分団(龍江)が見事総合優勝を果たした。

 競技は、ポンプ車操法(出場17チーム)と小型ポンプ操法(同31チーム)、救急操法(同18チーム)、ラッパ吹奏(同18チーム)の4種目。ポンプ車は5人一組、小型ポンプは4人一組でホースを連結して的に放水し、的が倒れるまでの時間や動作の正確さ、規律の正しさなどを競う。会場には、雨音にも負けない団員らの大きな掛け声が響き渡った。

 「女性団員も参加できる競技を」と、同市独自に実施する救急操法では、例年実施する包帯法に加え、ことしは新たにAEDを使用した心肺蘇生法も実施。実戦を想定しながら、3人一組で一つ一つの手順を丁寧かつ迅速にこなしていった。

 大会の開催にあたり飯田市消防団の清水政彦団長は「2カ月以上にわたる練習の成果を十二分に発揮してもらいたい。あいにくの悪天候だが、どんな状況でも出動する消防団にとってはいい勉強。水害、水防の意識高揚にもつながる」と話していた。

 飯伊大会には、ポンプ車操法上位3チーム、小型ポンプ操法上位5チーム、ラッパ吹奏は選抜した2チームが出場する。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08

おいしいメンマ期待し

5月21日木曜日15:32

地元シードル「より大勢に」

5月20日水曜日15:15








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞