涼しげ緑のカーテン、職員提案で庁舎にゴーヤ

地域の話題

[ 2010年 8月 14日 土曜日 13時36分 ]

 豊丘村役場の庁舎南側に職員有志が育てたゴーヤのつるが伸び、夏の日差しを遮るのに一役買っている。

 つる性の植物で窓辺に日陰をつくるグリーンカーテンは、自然の力で室温を下げる効果があるとされる。

 地球温暖化対策の一環として、職員の提案で初めて試みた。有志が出資し合い、ゴーヤの苗を購入したほか5月連休明けにプランターを並べ、ネットを幅40メートル、高さ約6メートルにわたって張った。

 順調に伸びたつるに緑色の大きな葉が重なり、1階の窓を覆うまでに。35度を超える猛暑日であっても「あるとないとでは1~2度違う」と職員。「癒される」「暑さが和らぐ」などと言い、休憩時に静かに眺める職員の姿も見られる。

 夏の日差しをしっかりガードしてくれるとあって、例年と比べ冷房費を抑えられそうだ。

 7月上旬から収穫もでき、管理する職員によると、1日20本取れる日もあった。職員で味を楽しむだけでなく、希望する来庁者に譲ったりもしている。

 奥山義臣副村長は「さわやかさを感じさせるグリーンカーテンになった。環境に配慮した素晴らしい取り組みであり、今後も続けてほしい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「新しい飯田市を一緒に」

10月28日水曜日15:16

天竜川橋梁年内着工へ

10月28日水曜日15:15

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞