清内路かぼちゃを定植 伝統野菜を地域で守る

地域の話題

[ 2016年 5月 13日 金曜日 13時22分 ]

 阿智村清内路の清内路伝統野菜保存会(櫻井道治会長)は12日、下清内路の松沢地籍の畑で清内路かぼちゃの苗208株の定植作業を行った。17日ごろには、清内路小学校児童も加わり旧清内路中学校近くの畑に苗を植える。

 ことしは4月11日に種をまいた後、飯田OIDE長姫高校商業科の生徒も加わって植え替え作業を行った。同月30日に霜が降りたものの、被害に遭ったのは10株ほどで残り640株は順調に生育した。

 定植作業には地元の保存会員や清内路かぼちゃの加工品を扱う業者など11人余が参加。マルチシートを張った畝(うね)に丁寧に苗を植え込むとたっぷり水をやった。

 清内路かぼちゃの栽培は、品種の選別や均質化を兼ねており、それぞれ株には全て番号を振って厳格に管理していく。今後咲く花は自然交配を避け、人工授粉する予定だ。8月末ごろに収穫し、形の良いカボチャを選んで種を採取。残りを販売や特産品開発などに利用していく。

 櫻井会長は「人工授粉が一番大事。大変手間がかかるが、本来の特徴に近いカボチャを作っていきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08

おいしいメンマ期待し

5月21日木曜日15:32

地元シードル「より大勢に」

5月20日水曜日15:15

コロナに負けず頑張ろう

5月20日水曜日15:42

全業種対象に給付金

5月19日火曜日15:08

夏に向け「さっぱり」

5月19日火曜日15:53

県外から多くの人出

5月18日月曜日16:05

児童の笑い声 校舎に響く

5月18日月曜日16:39

「伝統野菜」地域で守る

5月16日土曜日13:41

緊急対策で第2弾提案へ

5月16日土曜日13:35

トウモロコシの定植始まる

5月15日金曜日15:58








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞