清内路かぼちゃ加工品の試食会開く

地域の話題

[ 2014年 7月 17日 木曜日 9時45分 ]

 阿智村清内路の伝統野菜、清内路かぼちゃの加工品を商品化しようと、清内路かぼちゃ保存会(桜井道治会長)と信州芽吹堂(高森町)は15日、2回目の試食会を開いた。3種類の試作品から、まずかぼちゃバターを商品化することに決めた。

 清内路かぼちゃのペーストを利用した土産品を開発し、昼神温泉をはじめとした村内の観光施設などで販売する試み。保存会のメンバーや関係者らが、前回5月に行った試食の評価から改良したバター、ケーキと、前回の話から考案したまんじゅうを試食した。

 新たに試作されたまんじゅうは、かつて清内路で愛知県西尾市から講師を招いての茶席でかぼちゃまんじゅうがお茶請けとして使われたことを題材に作成、皮に西尾市の抹茶、あんにカボチャを使ってカボチャの形を再現した。試食は好評だったが保存期間が短いことなどから、試作を重ねることになった。

 一方、バターは前回試作品と今回試作品を食べ比べ、カボチャの風味が濃厚な前回試作品をベースに商品化していくことを決めた。お土産として気軽に買えるよう、小さめのサイズで500円程度にすることなどが提案された。

 これまでは、市販のカボチャのペーストを利用した。8月以降に清内路かぼちゃでの最終試作品を作り、年内の商品化を目指す。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

情感たっぷり6団体出演 三遠南信の歌舞伎交流 下條村

12月17日月曜日14:51

金メダリストの金藤さんと交流 中学生の手紙きっかけに ISC高森

12月17日月曜日14:38

西下トンネルが開通 松川インター大鹿線 リニア関連で新設、完成祝う

12月15日土曜日15:31

ウィルタネン彗星最接近 昴と競演 

12月15日土曜日15:42

年賀状の投かん始まる 園児は大好きな動物宛てに

12月15日土曜日15:41

先進事例に自社を見つめる ネスク―イイダが新製品・新事業の報告会

12月14日金曜日15:29

源助かぶ菜の漬物販売 生産復活させた大根も提供 泰阜村

12月14日金曜日15:25

仮橋完成で通行止め解除へ 天龍―豊根の県道 土砂崩落から2年ぶり

12月13日木曜日15:10

下農生 伝統のおせち料理に挑戦 7品を調理し重箱へ

12月13日木曜日15:57

南海トラフ地震 3ケースで防災対応 M8で沿岸は連動警戒避難

12月12日水曜日15:04

ノロウイルスが原因 保育園の集団欠席 飯田市

12月12日水曜日15:00

中央道飯田山本―園原間でチェーン義務化 大雪時

12月11日火曜日16:04

星降る夜空と空間演出 冬のナイトツアー始まる 阿智村

12月11日火曜日15:14

20カ国の文化や食通じて 飯田国際交流の夕べ

12月11日火曜日15:37

特産品をギュッと箱詰め 「あなん便冬期」出荷始まる

12月8日土曜日14:09