清内路かぼちゃ苗作り 伝統野菜の品質向上へ

地域の話題

[ 2015年 4月 29日 水曜日 11時19分 ]

 阿智村清内路の清内路伝統野菜保存会(櫻井道治会長)は28日、清内路かぼちゃの苗を大きなポットに植え替える鉢上げ作業を下清内路の畑で行った。苗は5月上旬ごろ、旧清内路中学校近くに新たに設ける20アールほどの畑に定植する。

 清内路かぼちゃは、明治に米国から導入された「デリシャス」が土着したものと推測されているが、交配が進んで従来の特徴がはっきりしない状態になっていた。同保存会は、ハート型で甘みが強いという特徴を残す種を選別し、栽培することで品質の向上や保存、ブランド化を進めようと取り組んでいる。

 昨年収穫したカボチャの中から7つを選別して種を採取。ことし4月9日に種をまいて育苗してきた。この日は会員ら10人ほどが参加し、育った530株の苗を育苗用ブロックからポットに移し替えた。

 ポットには一つ一つ数字が振ってあり、どのカボチャの種から育った苗なのかを分かるようにしている。定植後も追跡して調査していく。栽培量は昨年の2倍ほどになる。

 会長の櫻井さんは「長く交配しているので選別した種から良い形のものができるとは限らない。これまでは自然交配だったが、ことしは人工授粉を試したい」と語った。

 伝統野菜の保存には地域おこし協力隊の女性もことし4月から携わっている。「まだまだ初めてのことばかり。伝統野菜は他の地域にはない貴重なものなので、大事にしていきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

山梨工区の広河原斜坑を公開

5月12日水曜日15:51

学習の集大成を披露

5月12日水曜日15:24

開始早々初回分埋まる

5月11日火曜日15:49

東北にいってらっしゃい

5月11日火曜日15:41

自然とアートが融合

5月10日月曜日15:58

飯田が17年ぶりに南信制す

5月10日月曜日15:51

村の新たな観光拠点に

5月8日土曜日13:17

30匹が元気よく

5月8日土曜日13:01

「参加者の安全確保して」

5月7日金曜日15:42

屋外で多彩な催し

5月7日金曜日15:53

2度の延期乗り越え門出祝う

5月4日火曜日13:01

クリンソウが開花

5月4日火曜日13:10

焼き肉のたれでヒットを

5月3日月曜日13:00

子どもたちの声援を力に

5月3日月曜日13:22

連帯し未来切り開く

5月1日土曜日13:38










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞