清内路の焼酎学校で「熟女あかね」解禁

地域の話題

[ 2015年 6月 29日 月曜日 8時28分 ]

 阿智村清内路の「焼酎学校」は26日清内路公民館で開き、6年熟成の赤根大根焼酎「清内路小町 熟女あかね」が解禁された。村内から70人の人々が訪れ、焼酎を試飲するとともに清内路の伝統料理や家庭料理を味わった。

 焼酎学校は2006年に櫻井久江元清内路村長の発案と喜久水酒造の協力で赤根大根焼酎「あかねちゃん」が世に出たことをきっかけに始まり11回目。日本ソムリエ協会の高野豊さんを名誉校長においしい飲み方の研究の場として続いている。

 今回解禁された焼酎は、昨年の5年熟成「熟女あかね」に引き続く第2弾として販売。一般から冠名を募ったところ30の応募があり、高野さんの「清内路小町」を採用。櫻井さんの30代ころの写真を見て思いついたという。

 560本余が生産され、JA清内路店、長田屋商店、伝統野菜の清内路直売所「健康の森」の3カ所で販売する。櫻井さんは「一つ一つの積み重ねがあって今がある。清内路の地域づくりをやってきてよかった。まだまだ工夫していきたい」と話した。

 高野さんは、赤根大根焼酎の熟成樽1本を買い取っており、今後「マスター・ソムリエ・コレクション」として提携する大手スーパーで限定販売しようと構想を練っている。「清内路がどんなところか説明できる店舗でなければ扱えないよう、許可制にして全国に発信していきたい」と語った。

 会場内では村内全域から集まった人々が、「あかねちゃん」やハナモモリキュールの「かおりちゃん」などを飲んだり、朴葉ずしや清内路野菜の春巻きなどを味わいながら語り合っていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51

千代ネギに多彩メニュー

2月17日月曜日15:15

建設の判断先送りに

2月15日土曜日14:22

迫力舞台で観光客ら魅了

2月15日土曜日14:49

買い物弱者の手助けに

2月14日金曜日15:58

春告げるフクジュソウ

2月14日金曜日15:39

カンザクラが春を告げる

2月13日木曜日15:43

ザゼンソウ開花し春の訪れ

2月13日木曜日15:42

おき渡り1年の幸福祈願

2月12日水曜日15:04








記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞