清内路ネット住民が県外イベント協力

地域の話題

[ 2013年 10月 28日 月曜日 15時17分 ]

 阿智村清内路地区のインターネット上の特別住民「清内路ビレッジャー」に登録している県外在住の5人が地区の依頼に応じ、11月に東京と愛知で開かれるイベントで清内路ブースの物販を手伝う。ビレッジャーが実働部隊となるのは今回が初めて。村清内路振興室では「新たなスタイルの取り組みとして定着するかもしれない」と今後に期待している。

 清内路ビレッジャーは、財政危機をはじめとする合併前の苦しい状況が報じられる中、地域一丸の改革を進めた旧清内路村を応援する人を募ろうと、2004年度ころ制度化。ピーク時には200人近い会員が全国・海外にいた。

 合併前は旧村役場、現在は村清内路振興室が地域のイベント情報や季節の便りをEメールで定期的に送信し、希望者に特産品を限定販売するのがやりとりの中心で、実際の交流はこれまでほとんどなかった。

 物販の手伝いは、11月9・10の両日に村の文化祭、毎年ブースを出している愛知県長久手市のイベント、新たに交流が始まった東京都杉並区の「すぎなみフェスタ」の3つが重なり、人手が足りないことから「杉並への出展に協力を」と、現会員80人にメールで依頼した。

 呼び掛けに応えたのは関東と愛知に住む20―60代の5人で、愛知の1人は長久手のイベント支援を希望している。清内路からも両会場に数人が出向き、ビレッジャーと一緒に野菜や加工品を販売する。

 清内路振興室の男性は「報酬はなく、特産品がお礼という条件だが、思った以上に反応があった。交流は初めてなので楽しみだし、このスタイルはすごく面白い。仕組みが出来上がれば新たな展開も期待できる」と話している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51

千代ネギに多彩メニュー

2月17日月曜日15:15

建設の判断先送りに

2月15日土曜日14:22

迫力舞台で観光客ら魅了

2月15日土曜日14:49

買い物弱者の手助けに

2月14日金曜日15:58








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞