清内路歴史・文化研究の成果を、東大院生が2冊目報告書

地域の話題

[ 2011年 4月 8日 金曜日 15時16分 ]

 東京大学の大学院人文社会系研究科・文学部日本史学研究室は、阿智村清内路の歴史と文化に関する研究の成果を冊子にまとめ、250部をこのほど村に提供した。役場清内路振興室が希望者に無料配布している。

 吉田伸之教授の指導で昨年度行った旧清内路村役場やJAみなみ信州清内路支所、旧清内路郵便局の保存文書、近世・近代文書の現状記録調査の概要と報告に加え、住民7人を対象に行った聞き取り調査の内容、主力産業だった「おいらんたばこ」の生産と流通、明治初期の演劇などに関する研究リポートを掲載している。

 住民の聞き取り調査では、90戸が同じ墓に入る上清内路の習わし「一山一墓」が始まった理由など、村の暮らしや伝統、それぞれの生い立ちと足跡、阿智村との合併に対する思い、地域課題について丹念に取材。木地師の末えいだった大蔵貢(新東宝・大蔵映画社長)・近江俊郎(歌手)兄弟が住んでいた屋敷跡が残っていることなど、分かりやすく興味深い記述も多い。

 同大学院による清内路研究の報告書は2冊目。前支所長の野村健司さんは「手作り花火の後継者難、伝統野菜の栽培者が高齢化するなど、先行きは明るくないが、刻まれた歴史はそう簡単に消えないものと信じる。調査の成果を文献にまとめてくれたことに感謝したい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24