清内路薬草研究会がハーブを定植

地域の話題

[ 2015年 7月 2日 木曜日 9時34分 ]

 愛好家ら20人でつくる清内路薬草研究会(櫻井正彦会長)は30日、国道256号線の清内路峠近くにある薬草園(1822平方メートル)にカモミールなど15種類のハーブを定植した。

 旧土捨場を薬草園に活用しようと2013年に発足。昨年11月にはクロモジなどの薬木を植栽した。

 ハーブの定植は今年新たに立ち上がった「女子会」(会員6人)が「目でも料理でも楽しめれば」と始め、この日は14種類を植えた。

 会員は南木曽町から駒ケ根市まで広範囲に及んでいる。

 会長の渡辺みどりさんは東京からのIターン者。「ハーブはポプリなどを見たり、いただいたりと楽しみがある。アイは染めもできる。清内路は四季がはっきりしていて、フキ、ワラビやミズといった山の恵みがたくさんあり、おまけに畑付きの古民家や地域の方々が親切でとても満足している」と語った。

 櫻井会長は「(ここを)薬草の実験農場として、また観光振興にも期待もしたい」と集落の再生に向けた決意を語っていた。

 将来的には遊休農地でも栽培し、製薬会社などに販売したいという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10

不在者投票で1票

10月15日木曜日15:49

「支えてくれた方に感謝」

10月15日木曜日15:42

コロナで困窮の家庭を支援

10月14日水曜日15:55

タヒチアンダンスで活躍

10月14日水曜日15:53








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞