清内路薬草研究会がハーブを定植

地域の話題

[ 2015年 7月 2日 木曜日 9時34分 ]

 愛好家ら20人でつくる清内路薬草研究会(櫻井正彦会長)は30日、国道256号線の清内路峠近くにある薬草園(1822平方メートル)にカモミールなど15種類のハーブを定植した。

 旧土捨場を薬草園に活用しようと2013年に発足。昨年11月にはクロモジなどの薬木を植栽した。

 ハーブの定植は今年新たに立ち上がった「女子会」(会員6人)が「目でも料理でも楽しめれば」と始め、この日は14種類を植えた。

 会員は南木曽町から駒ケ根市まで広範囲に及んでいる。

 会長の渡辺みどりさんは東京からのIターン者。「ハーブはポプリなどを見たり、いただいたりと楽しみがある。アイは染めもできる。清内路は四季がはっきりしていて、フキ、ワラビやミズといった山の恵みがたくさんあり、おまけに畑付きの古民家や地域の方々が親切でとても満足している」と語った。

 櫻井会長は「(ここを)薬草の実験農場として、また観光振興にも期待もしたい」と集落の再生に向けた決意を語っていた。

 将来的には遊休農地でも栽培し、製薬会社などに販売したいという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

自然とアートが融合

5月10日月曜日15:58

飯田が17年ぶりに南信制す

5月10日月曜日15:51

村の新たな観光拠点に

5月8日土曜日13:17

30匹が元気よく

5月8日土曜日13:01

「参加者の安全確保して」

5月7日金曜日15:42

屋外で多彩な催し

5月7日金曜日15:53

2度の延期乗り越え門出祝う

5月4日火曜日13:01

クリンソウが開花

5月4日火曜日13:10

焼き肉のたれでヒットを

5月3日月曜日13:00

子どもたちの声援を力に

5月3日月曜日13:22

連帯し未来切り開く

5月1日土曜日13:38

地区に響く茶摘み唄

5月1日土曜日13:25

2年ぶり開催向け協議

4月30日金曜日15:45

新緑に映えるこいのぼり

4月30日金曜日15:24

市田柿の皮でのど飴

4月29日木曜日13:48










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞