清内路 Iターン者定住に向け交流会

地域の話題

[ 2011年 8月 23日 火曜日 9時02分 ]

 「末永く住み続けられる地域をつくる」を学習テーマの一つに掲げる阿智村清内路公民館(櫻井良充館長)は19日夜、地区内にIターンした住民との交流会を同館で開いた。静岡や千葉、フランス、大阪、神奈川から転入した5家族12人がリラックスした雰囲気の中で役員と親ぼくを深めながら、清内路での暮らしについて語り合った。

 清内路にIターンする動きは合併前の2006年ころから活発化し、現在は地区人口の約5%をIターン者が占めている。この影響で最近の地区人口は横ばいで推移し、多くなった空き家も少しずつ有効活用されている。

 交流会は、Iターン者が清内路に根を張れるよう「まずは打ち解け、地域に対する率直な意見や提案を話しやすい雰囲気をつくろう」と開催。06年以降に自主転入した13世帯に参加を呼び掛けた。

 参加者は冒頭の自己紹介で「郷土料理グループの活動を楽しんでいる。ここで末永く暮らしたい」「人と関わるのが好き。清内路が発展するよう自分も頑張りたい」「経営する民宿に来る人たちに清内路の魅力をPRしていきたい」などと心境を語ると、料理を味わいながら歓談した。

 心を奪われた上清内路の手作り花火の担い手になろうと、妻子とともに静岡県浜松市から移住して4年目を迎えた男性(35)は「住民はみんないい人で、夏の涼しさを体験すると浜松に帰りたくなくなる。冬は寒いが雪がきれいでいい。自給自足の生活を目指したい」と笑顔で話した。

 櫻井館長は「ざっくばらんに話ができた。これをきっかけに話し合いや勉強の場も設けていけたら」と今後を見据えた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54

佐藤市長「厳しい局面」

1月15日金曜日15:24

動物園で干支の引継ぎ

1月14日木曜日15:31

マスタープラン作成へ

1月14日木曜日15:18

田んぼリンクに笑顔広がる

1月13日水曜日15:16

全国に向けた練習の成果を

1月13日水曜日15:54

炎に「無病息災」の願い

1月12日火曜日15:21

熊谷氏無投票当選へ

1月12日火曜日15:59

新人のみが立候補予定

1月9日土曜日13:27

橋南の平和守るのは君

1月9日土曜日13:16

住民意向12日から再調査

1月8日金曜日15:07

豊作願う小正月飾り

1月8日金曜日15:23

地域への普及目指し

1月7日木曜日15:58








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞