清流苑に「つるしびな」2500体 手作りの人形華やぐ 松川町

地域の話題

[ 2018年 1月 19日 金曜日 15時51分 ]

つるしびなが飾られたロビー

 松川町大島の町営温泉施設「清流苑」は、子どもの健やかな成長を願う「つるしびな」をロビーに飾り付けている。4月10日ころまで。

 駒ケ根市の市民団体「あつい!こまがね」の吊るし飾り隊が手縫いで仕上げた作品に、清流苑の女性従業員が手作りしたものを加えた計約2500体を飾っている。

 吊るし飾り隊が開催しているワークショップに清流苑の職員が参加したのがきっかけで、飾り付けは3年目。

 長生きを願う鶴や亀など縁起物のほか柿、桃、ウサギ、金魚、馬などを1メートルほどの糸で通し、入浴客や宿泊客を迎える。人形は不用になった着物の生地や布団の綿を利用している。

 菅沼哲也支配人(54)は「施設を利用する人に喜んでもらえたら」と話していた。

 入浴客以外も見学できる。公開時間は午前8時~午後8時半。問い合わせは清流苑(電話0265・36・2000)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58

安心して果物狩りを

9月11日金曜日15:52

拡大備えて検査体制充実

9月11日金曜日15:25








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞