激しい腰で歓声誘う タヒチアンダンスの発表会 

地域の話題

[ 2017年 6月 6日 火曜日 15時14分 ]

多彩なプログラムで魅了

 飯田市に本拠を置くタヒチアンダンスの「テ・アナヴァイ・オラ」は3日、高羽町の飯田人形劇場で結成後初めての発表会を開いた。メンバー15人が躍動感たっぷりに踊り、満席の観衆を魅了した。

 発表会は2部構成で、演目ごとに「航海」や「花」「鳥」などテーマを設け、現地の伝統衣装を身に着けて表現した。

 メンバーたちは数人ずつのグループで各々10余の演目に出演。速いリズムに合わせる「オテア」で激しく腰を振って歓声を誘い、ゆったりとしたリズムに合わせる「メフラ」は、指先までしなやかなに動かせて和やかな雰囲気に包んだ。

 フラ・オ・クウホアオカピリなどのゲスト出演もあった。

 「自分のスタイルで楽しんでほしい」と、講師で代表の飯嶋幸(ゆき)さん(42)=阿智村駒場=が2014年に発足。上郷と中村の計4クラスで中学生から50代までの女性がレッスンをしている。

 発表会は「技術を磨く生徒の姿を大勢に見てほしい」と企画。3月から稽古や衣装づくりをしていた。

 飯嶋代表は満席の会場に感激した様子で「タヒチのスタイルにこだわりながら、今後も楽しみながら魅力を伝えたい」と話していた。

 同教室への問い合わせは飯嶋代表(電子メールteanavaiora.yuki@gmail.com)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







2018年元旦号企画
webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号