炎に「無病息災」の願い

地域の話題

[ 2021年 1月 12日 火曜日 15時21分 ]

 飯田下伊那地域でも9日から11日にかけ、各地で「どんど焼き」「ほんやり様」「おんべ」などと呼ばれる火祭り行事があった。子どもたちが中心になって正月飾りを集め、やぐらを立てて点火。立ち上る炎に無病息災や家内安全を願った。

 飯田市の浜井場小学校校庭では10日早朝、小伝馬町の1、2丁目が合同でどんど焼きを行った。6年生の児童が午前7時に、今年の恵方「南南東」から点火。前日に門松や正月飾り、だるまなどを集めて組み上げた高さ約5メートルのやぐらを囲み、炎を見守った。

 中心の竹の先端に据えた花笠に火が到達すると、子どもたちは大歓声。書初めを投げ入れたり、竹の節が抜ける破裂音に沸いたりしながら楽しんだ。

 昨年に続いて点火の重責を担った同小学校6年の児童(11)は「6年生で最後だったので、みんなで楽しくできてうれしい」と笑顔。軸となった両町内会小学校PTA代表の柘植恵子さん(44)は「新型コロナで開催について悩んだが、保育園児から高校生までが参加し、子どもたちと一緒に町内行事ができて良かった」と話した。

 門松やしめ縄など正月の飾りを焼く行事。正月に迎えた年神様を炎とともに見送る意味が込められ、全国で行われている。飯伊では伝統的に7日や14日に実施されてきたが、近年は固定日とせず、前後の土曜日や日曜日に点火する地域が増えている。

 飯田広域消防本部によると、9日に27件、10日に277件、11日に31件の届けがあった。1月中の件数は7日現在372件で、昨年1月の593件から大幅に減っている。コロナで中止した地域もあり、その影響と見られる。

◎写真説明:町内会で伝統のどんど焼き(浜井場小で)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞