猿庫の泉保存会が初釜茶会 名水でたてた一服を堪能

地域の話題

[ 2017年 2月 14日 火曜日 15時56分 ]

羽場公民館で開かれた初釜茶会

 猿庫の泉保存会(松沢時夫会長)は11日、飯田市羽場公民館で初釜茶会を開いた。同会員をはじめ来賓や一般参加者など約70人が出席。梅の花をイメージした春を感じさせるお菓子とともに、名水でたてた一服をゆっくりと楽しみ、地域の宝である名水を守り続けていく思いを強くした。

 静かな時間が流れる会場で、参加者らは会員がくんできた水でたてられたお茶を堪能。一口一口丁寧に味わい、飲み終えると満足気な表情を見せた。また、羽場こども茶道教室に通う小学生らのかわいらしいおもてなしが笑顔を誘った。

 猿庫の泉は古くから茶の湯に適することで知られ、文化文政年間(1804―1830)ころには、飯田城主の堀公が場内に数奇屋を建て、毎朝家来がくんできた泉の水で茶をたてたとされる。1985年に環境省の「名水百選」に認定され、同年に保存会が発足。現在は約200人が所属し、5月から10月まで毎週日曜日を基本に茶会を開くほか、泉周辺の清掃・整備活動などに励んでいる。

 会の冒頭あいさつに立った平澤英治副会長(80)は、「昨年は周辺環境の整備を行い、きれいになった。春の芽吹き、夏の避暑、秋の紅葉と、1年通して多くの人に足を運んでいただき、楽しんでもらいたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞