獅子舞フェスのラッピングトラック

地域の話題

[ 2017年 9月 30日 土曜日 14時23分 ]

002shishimaifes

 飯田市の中心市街地で15日に行われる第10回南信州獅子舞フェスティバルを全国にPRするラッピングトラックが完成し、9月30日から走行を始めた。

 飯田市場運輸(松尾新井)の社長で喬木村「加々須獅子舞保存会」現役メンバーの冨内和美さん(67)が「素晴しい獅子舞が集まるフェスを全国にPRし、一人でも多くの人に来てもらいたい」と、同保存会長の宮下喜誉会長(74)を介して実行委員会(戸崎敬会長)に提案し、実現した。

 飯田市場運輸が導入した真新しい大型トラックの荷台3面を使い、屋台獅子が躍動する写真とフェスティバル名、連絡先などを表示。「毎年10月開催」と大書きしている。

 この日から運送業務で全国各地を巡り、15日は中心市街地に展示してフェスの雰囲気を盛り上げる。

 お披露目式で戸崎会長は「日本中を走ってPRしてもらえるのはとてもありがたい。全国的にも珍しい屋台獅子のイメージがそのまま表れているのもうれしい」と好意に感謝した。

  ◇   ◇

 南信州獅子舞フェスティバルは午前9時から中央通り1~4丁目、プール跡地の多目的広場、市公民館で開く。

 今年は特別参加の観音町獅子方若連中(富山県矢部市)を含む獅子舞27団体と太鼓2団体が参加。6カ所のポイントで4~6団体が演舞を披露する。

 問い合わせは市観光課(電話0265・22・4852)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号