産卵に恵みの雨 モリアオガエルの卵塊確認 阿智村

地域の話題

[ 2017年 6月 23日 金曜日 15時01分 ]

治部坂亀の池でモリアオガエルの卵塊

 阿智村浪合治部坂高原「亀の池」周辺で22日、県の準絶滅危惧種に指定されているモリアオガエルの卵塊を10個余り確認した。例年より遅れて本格的な産卵期を迎えた。

 数日前は3個ほどの卵塊を確認。梅雨入り発表から2週間目の21日にようやく恵みの雨が降り、本格的な産卵期を迎えたとみられる。

 周囲100メートル余りの池の脇に立つモミジやツガなどの枝先に、直径15センチほどの乳白色の泡の塊がぶら下がっている。

 同村園原の姿見の池などでもいくつかの卵塊が確認されているという。卵は1週間ほどでふ化して池の中に落ち、1カ月ほどで成体になって森に帰るという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞