産官民連携の3団体が環境大臣表彰受賞報告

地域の話題

[ 2011年 12月 28日 水曜日 15時42分 ]

 LED防犯灯の開発と導入活動が認められ、今年度の地球温暖化防止活動環境大臣表彰を受賞した3団体の代表が27日、牧野光朗飯田市長に受賞の報告を行った。飯田市が支援機関の飯伊地域地場産業振興センターと地域内の工業系製造業の組織「NESUC―IIDA(ネスクイイダ)」(構成66社)と共同で取り組んだ活動が「対策技術導入・普及部門」で環境大臣賞を受けた。

 報告を受けた牧野市長は「環境政策の広がりを示す事例が表彰につながった。関係者のご尽力の賜物と感謝する。受賞をひとつの励みとして、他地域への普及が促進され環境産業の柱となるよう期待している」とあいさつ。今回の活動に参加した2グループ計17社の代表幹事を務めるサンリエの下島敏正代表取締役社長が「今回の活動を通じて製品開発が活発になってきた。これからもいろんな分野で産官民が一緒にやっていきたい」と述べた。

 今年度の環境大臣表彰は、全国105団体から申請があり21件が採択された。このうち「対策技術導入・普及部門」には32団体から申請があり6団体が受賞した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13

現新23人が出馬準備

2月20日土曜日13:42

ブロックごと体制構築

2月19日金曜日15:51










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞