田月が新元号記念紅白まんじゅう配布

地域の話題

[ 2019年 4月 2日 火曜日 16時13分 ]

 飯田市伝馬町の和菓子店「田月」(城田茂社長)は1日、新元号の決定を記念し、紅白まんじゅうに「令和」と記したのしを付け来店者らに無料で配布した。

 城田社長(49)は「新しい時代が始まることへの期待や喜びを、皆さんと共有できれば」と企画。1日の発表直後から30組ほど用意し、早速来店者らに手渡した。

 5月1日の改元日にも同様の取り組みを行うといい、「改元日には『令和』にちなんだオリジナル商品も披露できたら」と計画する。

 「『平成』がスタートした年に社会人としての第一歩を踏み出したため、『平成』時代への思い入れは強い。大きな変化を迎える地域の発展とともに、『令和』の元号に親しんでいけたら」と期待を寄せた。

◎写真説明:「令和」の紅白まんじゅう

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51

千代ネギに多彩メニュー

2月17日月曜日15:15

建設の判断先送りに

2月15日土曜日14:22

迫力舞台で観光客ら魅了

2月15日土曜日14:49

買い物弱者の手助けに

2月14日金曜日15:58








記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞