町制60年記念し盛大に 高森町で「ふるさと祭り」

地域の話題

[ 2017年 11月 20日 月曜日 15時32分 ]

2日間にわたって繰り広げられたステージ発表

 高森町の「第37回ふるさと祭り~高森まるごと収穫祭~」が18、19日、町役場駐車場周辺で開かれた。町制施行60周年を記念し特色あるブースが並び、連日にぎわいを見せた。

 祭りはステージ発表のほか作品展示、町内自慢の食を楽しめる「コミュニティテント村」、農産物販売などがあり、来場者は広い会場内を巡りながら楽しいひとときを過ごした。

 2日間にわたって行われたステージ発表のうち2日目は中学生の演奏に合わせて歌声を響かせたり、小学生のダンスグループらが練習の成果を披露。元気いっぱいの熱演には家族や友人らから大きな拍手が送られた。

 隣接の中央公民館では美人画教室や高森水墨画教室、稲穗会デジタルカメラ愛好会、JAフラワーアレンジ教室、絵手紙グループなどの力作が並び、福祉センターでは町ゆかりの管理栄養士による食育セミナーもあった。

 また会場では、町職員がアニメキャラクターに扮(ふん)して会場を盛り上げていた。

 まるごと収穫祭は、1982(昭和57)年に産業文化祭としてスタート。それ以前に、それぞれ開催されていた農協祭や文化祭などを同日開催し、86年にふるさと祭りに改称。2011年には名称をいまの「まるごと収穫祭」に改めた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号