料理コンクールの結果発表 県調理師会

地域の話題

[ 2014年 10月 24日 金曜日 9時58分 ]

 22日に飯田市上郷別府の南信州・飯田産業センターで開かれた「第53回長野県調理師会料理コンクール飯伊大会」は、審査の結果、部門ごとに知事賞以下各賞54点が決まった。飯伊支部関係では5人が入賞した。

 料理コンクールには、県内各支部から会員219点の出品があった。特別出品部門の長野調理製菓専門学校生140人、飯伊支部特別出品の飯田女子短期大学家政学科食物栄養の学生と下伊那農業高校アグリサービス科の生徒たちの作品も合わせ約370点が展示された。

 表彰式で、湯本忠仁会長は「さらに意識改革しながら上をねらってもらいたい。悔しさだけでは成長しない。相手のいいところを認めることに職人の素晴らしさがある」とあいさつした。

 飯伊大会の実行委員会では「飯伊支部のまとまりと結束により成功裏に開催することができた。これをきっかけに南信州の魅力を内外にさらに発信していきたい」としている。

  

関連の注目記事

powered by weblio