眺望がぐっと向上 よこね田んぼが見晴らし台新設

地域の話題

[ 2017年 3月 30日 木曜日 16時19分 ]

パノラマ眺望が楽しめる見晴らし台

 飯田市千代の棚田「よこね田んぼ」の眺望をこれまで以上によくしようと、同保全委員会(川手重光委員長)はこのほど、見晴らし台を設置した。棚田の全面が見られるようになり、観光・写真スポットとしての魅力が増した。

 これまでは管理棟がある下条米川飯田線の側から見下ろすアングルで撮影、鑑賞するのが一般的だったが「もっと見栄えがするように」と知恵を出し合い、棚田と水路の対岸にある山を整備。県と市の補助金に保全委の自己資金を加えて設けた。

 川手さんは「棚田全体がバシッと見られるようになり、左右も大きく見えるようになった」とし、「グリーンツーリズムや民泊に来る子どもらにも農業体験の合間に眺望を楽しんでもらえるようにしたい」と話している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

飯伊7校で学力検査

3月9日火曜日15:27

村民の多様な声聞く

3月9日火曜日15:20

震災から10年振り返る

3月8日月曜日15:23

高校生が鳥居を製作

3月8日月曜日15:13

3カ月ぶり水しぶき

3月6日土曜日14:54

「願いかなえてさくら咲け」

3月6日土曜日13:58

コミュニティスクール発足

3月5日金曜日15:54

ICTによる貢献誓う

3月5日金曜日15:28

演劇通じコミュニケーション

3月4日木曜日15:56

「駅前プラザ」(仮称)イメージ示す

3月4日木曜日15:34

「森林環境教育の模範」

3月3日水曜日15:56

安全に遊べるおもちゃを

3月3日水曜日15:40

ロボコンで全国優勝

3月2日火曜日15:14

学びを糧に新たな進路へ

3月2日火曜日15:58

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35










記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞