「碧南市の子どもに雪を」源流域から河口へ贈り物

地域の話題

[ 2010年 2月 10日 水曜日 15時23分 ]

 平谷村は6日、愛知県碧南市の子どもたちに村内で集めた10トンダンプ3台分の雪をプレゼントした。一級河川「矢作川」交流の一環で、源流域の村から河口域への贈り物として1991年から続けている。

 雪は同市内の明石公園内にある芝生広場に積み上げられ、子どもたちはさっそくそり遊びを楽しんだり、雪洞をくぐるなどして歓声を上げていた。

 雪を贈るきっかけとなったのは、90年に平谷高原スキー場を訪れた碧南の女性が、駐車場の係員が当時の村長とは知らずにつぶやいた「雪の降らない碧南の保育園児にも雪遊びの楽しさを教えてあげたい」という一言。同村はさっそく翌年から事業化した。

 当初は市内の公立保育園に届けていたが、04年からは「より多くの子どもたちが楽しめるように」と公園に届けるようになった。

 同市の長田良次教育長は「雪に触れる機会がなかなか少ない子どもたちにとっては何よりうれしいプレゼント」と笑顔で話していた。

 村の担当者は「雪不足や雨で中止の年もあったが、今冬は雪が豊富で質もいい。引き続き交流を続けたい」と話していた。

 雪を運んだ当日、平谷には体に障害がある碧南市民たちが雪遊びツアーで平谷高原スキー場を訪れ、楽しいひとときを過ごした。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

観光やスポーツで活性化

9月29日火曜日15:30

高校生目線で直接質問

9月29日火曜日15:01

飯田線が全線再開

9月28日月曜日14:31

90トンの鋼桁を設置

9月28日月曜日14:18

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞