平谷村、県内で最も遅い成人式 社会の一員として決意

地域の話題

[ 2016年 8月 17日 水曜日 15時52分 ]

平谷村の成人式

 平谷村の成人式は16日、平谷村合同庁舎で開かれた。新成人3人が集まり、式典などを通じて社会の一員としての決意を新たにした。

 同村の成人式は21歳を迎える年齢を対象に、県内で最も遅い時期に開催している。ことしの対象者は8人で、このうち3人が参加した。

 式典で主催者を代表し高見義夫公民館長は「逆境にめげることなくそれぞれの目標に向かってまい進してほしい」と式辞を述べた。

 小池正充村長は「きょうから一人一人が社会に参加するという意識を持ってほしい。県内一人口が少ない村。村に住みたいと思ったらぜひ相談してほしい。これからの人生に夢と希望を」と祝った。

 愛知県の看護学校で勉強中の女性(21)は「村を離れてから村の自然の美しさ、人の温かさに気づいた。できれば平谷村に帰ってきて皆を支えたい」と語った。平谷温泉ひまわりの湯で働く女性(20)は「県外客の話を聞いて平谷村がいいところだと思うようになった。これからも住み続けたい」と話した。

 集まった新成人たちは、恩師や仲間との再会に喜び、新校舎になった平谷小学校を見学しながら思い出話に花を咲かせていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51

千代ネギに多彩メニュー

2月17日月曜日15:15

建設の判断先送りに

2月15日土曜日14:22

迫力舞台で観光客ら魅了

2月15日土曜日14:49

買い物弱者の手助けに

2月14日金曜日15:58

春告げるフクジュソウ

2月14日金曜日15:39

カンザクラが春を告げる

2月13日木曜日15:43

ザゼンソウ開花し春の訪れ

2月13日木曜日15:42

おき渡り1年の幸福祈願

2月12日水曜日15:04








記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞