平谷村、県内で最も遅い成人式 社会の一員として決意

地域の話題

[ 2016年 8月 17日 水曜日 15時52分 ]

平谷村の成人式

 平谷村の成人式は16日、平谷村合同庁舎で開かれた。新成人3人が集まり、式典などを通じて社会の一員としての決意を新たにした。

 同村の成人式は21歳を迎える年齢を対象に、県内で最も遅い時期に開催している。ことしの対象者は8人で、このうち3人が参加した。

 式典で主催者を代表し高見義夫公民館長は「逆境にめげることなくそれぞれの目標に向かってまい進してほしい」と式辞を述べた。

 小池正充村長は「きょうから一人一人が社会に参加するという意識を持ってほしい。県内一人口が少ない村。村に住みたいと思ったらぜひ相談してほしい。これからの人生に夢と希望を」と祝った。

 愛知県の看護学校で勉強中の女性(21)は「村を離れてから村の自然の美しさ、人の温かさに気づいた。できれば平谷村に帰ってきて皆を支えたい」と語った。平谷温泉ひまわりの湯で働く女性(20)は「県外客の話を聞いて平谷村がいいところだと思うようになった。これからも住み続けたい」と話した。

 集まった新成人たちは、恩師や仲間との再会に喜び、新校舎になった平谷小学校を見学しながら思い出話に花を咲かせていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

食を通して村を知る

5月30日土曜日13:12

自粛の市民活動再開へ

5月30日土曜日13:03

下條産リンゴ使ってます

5月29日金曜日15:46

伴野運動公園リニューアル

5月29日金曜日15:29

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞