秋にも花を楽しんで

地域の話題

[ 2020年 9月 25日 金曜日 15時27分 ]

 春のハナモモで知られる喬木村帰牛原の菊花農園で、ヒガンバナが見頃を迎えている。上段の道沿いなどを中心に赤い花が並んでいる。

 同所では、春からハナモモやスイセン、アイリスなどの花が彩る。ヒガンバナは、管理する松澤俊子さん(71)が「秋に楽しめるものを」と3年ほど前にトラック3台分の球根を植えた。

 紅葉も楽しめるようモミジなどを植えた他、今年は知人から分けてもらった夏スイセンの球根も植栽した。

 同所は、喬木第一小学校から北約300メートルほどに位置する。かつては荒廃した遊休地だったが、松澤さんが12年ほど前から一帯を借りて整備。木を一本一本伐採して草を刈り、花を植えて手入れを重ねてきた。

 松沢さんは「荒れた農地をなんとかしようと花を育ててきた。スイセンやヒガンバナはそれほど手がかからないので、将来、農園をやりたいという方がいたら声を掛けてほしい」と話していた。

◎写真説明:喬木村帰牛原で咲くヒガンバナ

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10

不在者投票で1票

10月15日木曜日15:49

「支えてくれた方に感謝」

10月15日木曜日15:42

コロナで困窮の家庭を支援

10月14日水曜日15:55

タヒチアンダンスで活躍

10月14日水曜日15:53

治部坂高原色付き始める

10月13日火曜日14:39

増設の上郷でも始まる

10月13日火曜日14:29








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞