立石の県天然記念物「雌杉」にしめ縄

地域の話題

[ 2013年 12月 9日 月曜日 11時54分 ]

立石大杉しめ縄 今春の凍霜害で柿が壊滅的な被害を受けた飯田市立石で7日、住民たちが県天然記念物の巨木の一つ「雌杉(めすぎ)」にしめ縄を巻き、来年の天候が安定し、柿が実ることを願った。

 

 古くから特産品としてきた柿が出荷できない無念さに加え、9月の台風18号でも被害を受けたが、自然災害を乗り越えて頑張ろうと、地域のシンボルに祈りを込めることになり、地区内のギャラリー「南無」のイベント運営に協力する住民グループ「南無衆」に協力を依頼した。

 

 午前9時までに杉のある宮嶋英紀さん宅に集まった人たちは、大量のわらで太いしめ縄を製作。高さ約40メートル、幹回り8メートルほどの杉に巻き付け、神官が祝詞をあげた。

 

 南無の伊東照男さんは「みんなの協力のおかげで成功した。来年は良い年にしたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号