竜丘で古墳めぐるウオーキング

地域の話題

[ 2013年 5月 2日 木曜日 9時50分 ]

 飯田市竜丘地区は29日、地区内の前方後円墳9基をめぐるウオーキングを開催した。同地区では、古墳を保存活用するため新たな団体「竜丘古墳の会」を設立する予定。子どもから大人までが春の散策を楽しみながら、地域の宝へ関心を高めた。

 古墳めぐりは竜丘古墳の会準備会の主催で開催。同地区には「古墳を考える会」があり長く活動を続けてきたが、会員の高齢化などで活動が停滞。古墳を後世に残すための検討委員会も、地区全古墳の調査とマップ作成、提言を終えて解散。新たな担い手の団体が必要になっていた。

 新団体は子どもや親たちが気軽に参加し楽しみながら学べる場にしようと、公民館内の特別委員会として発足する。古墳めぐりは、新団体発足を前に住民の関心を高めたいと企画された。

 当日は小学生の親子連れなど50人近くが参加。2班に分かれて地区内10キロを散策。春の里山や田園の景色を楽しみながら同地区内の古墳をめぐった。

 このうち、上川路の馬背塚古墳では、石室の内部の様子を見学。同古墳は後円部と前方部のそれぞれに石室があり、後代に造られた方は近畿地方の特徴を持つ構造。14トンほどもある大きな岩を積み上げた石室を目の当たりにし、参加者らは重機のない時代の古代人の建築技術に驚いた様子。また、年代ごとの古墳の変遷や、近くには開善寺の上川路廃寺があり、次第に古墳から寺へと権力者の関心が移っていったことを聞いた。

 前公民館長で竜丘地域自治会長の木下和彦さんは「古墳の担い手になる新たな団体がようやくできる。子どもたちや親御さんを巻き込んで、幅広い人が気軽に訪れ、楽しみながら地域の古墳を学ぶ場にしたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52