竜丘で太陽光事業のチューリップ咲く

地域の話題

[ 2017年 4月 26日 水曜日 16時52分 ]

002tatsuoka

 飯田市竜丘地域自治会の太陽光発電事業「市民共同プロジェクト還元事業」の利益で植えたチューリップが、桐林の竜丘自治振興センターと竜丘小学校近くの畑で色とりどりの花を咲かせ、住民や児童の目を楽しませている。

 

 自治会が竜丘公民館・自治振興センターの屋根に太陽光パネルを設置して全量を売電し、利益を地域づくりに役立てるという取り組みで、これまでに公共施設での芝生化実証実験、ガーデニング講習などに活用している。

 

 チューリップの球根は4万円分を買い、昨年11月に開いた文化祭の参加者と自治会役員が手分けして植えた。

 

 畑には赤、白、黄色、ピンク、紫の花が咲き、春らしい光景が広がっている。

 

 下校する児童の見守りに集まった住民たちは、自分らの手で植えた球根が無事育ったと喜び合い「今ごろ(産地の)富山県砺波市もきれいだろう」とチューリップ談義に花を咲かせていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号