竹林整備へ破砕機導入

地域の話題

[ 2020年 10月 17日 土曜日 14時58分 ]

 荒廃竹林の整備を進めようと豊丘村は、県の地域発元気づくり支援金を活用して竹の破砕機を導入した。

 17日、伴野区の竹林整備で新たな破砕機を使用した。雨の中、区の役員や地権者、周辺住民ら約20人が参加し、村道沿いに生い茂った竹林を伐採した。

 同所は小園から源道地へ向かう村道で、周囲の竹林が見通しを悪くしている他、冬の降雪時には竹がしなって通行の支障となっていた。

 長谷川義久区長(70)は「以前のものより小型だが調子はいい。区内には地権者だけでは手がつけられない竹林がいくつもある。年2回ずつだが、整備を続けていきたい」と話した。

 同村は、各地区の竹林整備作業で下伊那北部事務組合が所有する破砕機を利用してきたが、故障が相次ぎ本年度から使用できない状態になっていた。

 元気づくり支援金事業では、破砕機の購入だけでなく、粉砕した竹パウダーを活用するため保管庫を設ける。竹パウダーは農家に配布し農産物の栽培に活用する方針。また、竹ボイラーの設置や井戸の掘削も行い、道の駅に隣接する新たな観光施設で足湯を沸かす燃料としても竹を活用していく方針だ。

◎写真説明:新たな粉砕機で竹林整備(豊丘村伴野で)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

北部5町村でワクチン接種券配布

4月21日水曜日15:09

春の星空を堪能

4月21日水曜日15:35

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞