第1回「うるぎ星の森音楽祭」開催

地域の話題

[ 2014年 9月 10日 水曜日 9時35分 ]

 売木村などでつくる実行委員会は5日、村内のうるぎ星の森オートキャンプ場で「第1回うるぎ星の森音楽祭」を開いた。プロ、アマ10組のアーティストによる歌声や演奏が山間地に響き渡り、日が落ちてからはキャンプファイアを楽しむなど参加者全員で交流を深めた。

 村の豊かな自然を全身で感じてもらうとともに、同キャンプ場を全国にPRする狙い。南信州新聞社などが後援した。

 心配した天候も回復し、村の観光大使を務める女性デュオ「Paix2(ぺぺ)」のオープニングで幕開け。ぺぺの2人がギターやフルートを使い「夏雲」「いいじゃんか」などを歌い上げると、県内外から訪れた数百人の来場者もメロディーに合わせて手拍子。これからの音楽界を担うアーティストの卵たちが30分間隔で次々と演奏したほか、地元ママさんバンドや、村のイメージキャラクター「うるのすけ」も出演するなど会場を盛り上げた。

 実行委員長の清水秀樹村長は「今後も継続して開催する第一歩。参加アーティストに売木村の音楽祭から育ったと言われるような関係を築いていければ」と思いを語った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)