第10回美博まつり 家族連れでにぎわう

地域の話題

[ 2015年 8月 3日 月曜日 12時09分 ]

 飯田市追手町の飯田市美術博物館は1、2の両日、「第10回美博まつり」を開いた。まが玉や化石レプリカ作り、飯田城探検など、18種類のワークショップを用意。多くの家族連れや子どもたちでにぎわい、各コーナーを満喫した。

 同館職員や地域住民らが講師を務め、各ワークショップを企画。1日は開場前から多くの来場者が整理券を求めて列をつくり、それぞれのコーナーは次々と予約で埋まっていった。

 たくさんの石の中から9種類を探して石の図鑑を作ったり、昔話を楽しんだり。名水百選の水を味わって違いを確かめる「名水の味くらべ」や、館内のスタッフゾーンを巡る「バックヤードツアー」、プラネタリウム、スタンプラリーなども行われた。

 画家の宮島弘道さんが講師を務める「絵の具をつくって絵を描こう」では、にかわや水を粉状の石に混ぜて日本画の絵の具を作り、絵を制作。今回はクジャク石で緑色の絵の具を作り、尾形光琳の「燕子花図屏風」を手本にカキツバタを描いた。

 はじめに屏風の写真を見ながら、赤金と青金、銀の3種類の紙の中から、自分が絵を描く紙を選んだ。宮島さんは「紙をもむと古色が出て面白い」「四角にたたんでから広げて描くと箔を押したようになる」などと説明。

 参加者は、選んだ紙をもんだりたたんでから丁寧に伸ばして台紙に貼り、絵の具作りに挑戦していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

観光やスポーツで活性化

9月29日火曜日15:30

高校生目線で直接質問

9月29日火曜日15:01

飯田線が全線再開

9月28日月曜日14:31

90トンの鋼桁を設置

9月28日月曜日14:18

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞