第7回美博まつり 家族連れでにぎわう

地域の話題

[ 2012年 8月 13日 月曜日 12時46分 ]

 飯田市追手町の飯田市美術博物館は11、12の両日、「第7回美博まつり」を開いた。絵の具や化石レプリカ作り、太陽の黒点探し、コマ撮り体験など、さまざまなワークショップを企画。多くの家族連れでにぎわった。

 同館学芸員や地元住民が講師を務め、17のワークショップを用意。11日は開場前から多くの家族連れが整理券を求めて並び、各コーナーは次々と申し込みで埋まっていた。

 シャボン玉で絵を描いたり、天然素材を使った虫除けアロマを作ったり。館内のスタッフゾーンを巡る「バックヤードツアー」や飯田城の歴史を探る「飯田城たんけん」、プラネタリウム、スタンプラリーなども行われた。

 「石に描いて変身」のコーナーでは、さまざまな石にペンで模様を描いてアートに。乗り物や植物を描いたり、目玉のパーツを付けて生き物を表したりと、思い思いの作品に仕上げていた。

 同市松尾の親子は、初めて美博まつりに参加。「子どもの顔を描いた。なかなか来る機会がないので、けっこう楽しんでいる」、「おもしろい。夏休みの宿題にする。恐竜が好きなので(同館で開催中の)大恐竜展も見たい」と、それぞれに作品作りを楽しんでいた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

北部5町村でワクチン接種券配布

4月21日水曜日15:09

春の星空を堪能

4月21日水曜日15:35

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞