第8回飯田丘のまちフェスティバル開催

地域の話題

[ 2014年 11月 5日 水曜日 9時11分 ]

 第8回飯田丘のまちフェスティバルは3日、りんご並木を中心に飯田中心市街地を舞台に盛大に開催された。フィギュアが大集合する「インターナショナル・フィギュア・マーケット」をはじめ、お腹を満たしてくれる「南信州グルメサミット」、県内27の酒蔵が地酒を提供した「南信州酒メッセ」など、さまざまなイベントが同時開催され、中心市街地は子どもから大人まで多くの人でにぎわった。

 フィギュアやコスプレ、痛車、ドールなど「サブカルチャー」に着目した催しとして、年々規模を拡大する同イベント。サブカルチャーの祭典として認知度も向上し、街なかには多くのコスプレイヤーが歩き、記念撮影に応じる姿も。フィギュアマーケットには多種多様なフィギュアがそろい、幅広い年齢層の人らが商品を手に取り、気に入った商品を買い求めていた。

 南信州のさまざまな食文化を堪能できるグルメサミットも盛況。お昼時、約80ブースの出店にはあちこちで長い行列ができていた。

 また、イベント運営には高校生らも協力。飯田OIDE長姫高校商業科の生徒18人は、中央公園で「プラレールと子ども広場」を企画運営。手作りの輪投げやだるま落としで子どもたちを楽しませた他、オリジナルりんごパンやりんごのお菓子を販売するなど、体験を通じ、イベント企画運営のノウハウを学んだ。

 このほか、メーンステージでのライブやコスプレショー、商店街での大道芸、「痛車」の展示、ふれあい動物園、知久町1丁目およりて縁日広場なども人気。見て、触れて、食べて、遊んでと、五感をフルに使って楽しめるイベントに、中心市街地は終日にわたり多くの笑顔が広がった。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「まんまるしぇ」にぎわう

12月2日水曜日15:21

コロナに負けず「子どもに夢を」

12月2日水曜日15:02

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞