米ミズーリ大の学生が地元小学生と交流深め

地域の話題

[ 2010年 7月 15日 木曜日 15時21分 ]

 飯田市に滞在し人形浄瑠璃の研修などを続けている米ミズーリ大学の学生ら14人は14日、飯田市立龍江小学校(神尾敦男校長、157人)を訪れ、地元の子どもたちと交流を行った。

 学生らは6月から飯田市に滞在し人形浄瑠璃研修を主として文化、語学、習慣などを学ぶさまざまな活動を展開。人形浄瑠璃研修では8月の人形劇フェスタの出演へ向け、同市龍江の今田人形の館で練習を続ける。ことしは、交流を兼ねた学校訪問も同校を含め市内の小中学校5校で予定している。

 全校の交流では児童会の企画で歓迎会を開催。「幸せなら手をたたこう」の合唱や歓迎のくす玉開被に引き続いて、「ロック、シザーズ、ペーパー」という英語式のじゃんけんでゲームを行い、交流した。

 じゃんけんで負けた人が勝った人の後ろについて列車のようにつながっていく「じゃんけん列車」という遊びで、米国からの学生も子どもたちと一緒になって楽しいひとときを過ごした。

 神尾校長は「地元で活動しており今田人形というつながりもある。交流を通じて身近に感じてもらえれば」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

自然とアートが融合

5月10日月曜日15:58

飯田が17年ぶりに南信制す

5月10日月曜日15:51

村の新たな観光拠点に

5月8日土曜日13:17

30匹が元気よく

5月8日土曜日13:01

「参加者の安全確保して」

5月7日金曜日15:42

屋外で多彩な催し

5月7日金曜日15:53

2度の延期乗り越え門出祝う

5月4日火曜日13:01

クリンソウが開花

5月4日火曜日13:10

焼き肉のたれでヒットを

5月3日月曜日13:00

子どもたちの声援を力に

5月3日月曜日13:22

連帯し未来切り開く

5月1日土曜日13:38

地区に響く茶摘み唄

5月1日土曜日13:25

2年ぶり開催向け協議

4月30日金曜日15:45

新緑に映えるこいのぼり

4月30日金曜日15:24

市田柿の皮でのど飴

4月29日木曜日13:48










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞