米大学生が生け花を体験

地域の話題

[ 2010年 7月 11日 日曜日 19時17分 ]

 約2カ月間にわたり飯田市に滞在し、人形浄瑠璃などの研修を積んでいる、米国ミズーリ大学の学生らのうち4人は9日、飯田市橋北公民館で生け花を体験し、日本の伝統文化に触れた。

 体験では池坊飯田支部の尾関百合子副支部長が指導にあたり、ヒペリカム、リンドウ、バラ、ニューサイラン、ナルコユリ、ケイトウの6品種の草花を使い、盛り花に挑戦した。

 参加した4人は尾関さんの教えに注意深く耳を傾け、自分好みの花を手にとってはハサミで長さを調節し、水盤の中の剣山に花を刺して生けていった。出来上がると自分の作り上げた作品と一緒に記念撮影。小型のアレンジ作品も作って持ち帰った。尾関さんは「最近は海外でも生け花への注目度は高い。日本人の心を知ってもらえれば」と話していた。

 6月に来日した一行は一般家庭でホームステイしており、8月のいいだ人形劇フェスタまで今田人形座の指導で人形浄瑠璃を研修し、その成果を公演で披露する予定だ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞