紙製人形や段飾り鮮やか

地域の話題

[ 2020年 3月 4日 水曜日 16時10分 ]

 県境をまたいだ広域ひな祭りイベント「中馬ぬくもり街道ひな祭り」(実行委員会主催)が1日、阿智、平谷、根羽の西部3村と飯田市でも始まった。4月3日まで、各所につるし飾りや段飾りが展示され、愛知県豊田市から飯田市までの国道153号沿線を彩っている。

 阿智村内では2月からの昼神温泉などに続き、駒場、清内路、浪合、園原、智里東地区でもスタート。明治以前に作られたという希少な段飾りや、住民が手作りしたつるしびな、紙製の人形など多彩な飾り付けが各所で繰り広げられ、訪れる人の目を楽しませている。

 駒場上町集会所の窓辺には、地元女性でつくる「ひまわり会」が作った紙製の内裏びななどが飾られた。「ひなまつり」の文字を書いた立て看板も添えられている。

 期間中は地区別のイベントも計画されているが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止した企画も。主催者は今後のイベントについて「各市村商工会の事務局へ問い合わせを」と呼び掛けている。

 イベントは南信州と三河を結ぶ中馬街道(同国道)沿線の飯伊4市村と愛知県豊田市の稲武、足助両地区で2005年から行われている。飯伊では商店街や観光関連施設など150カ所にひな人形が展示されている。

◎写真説明:駒場上町集会所の紙製ひな飾り

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

地元産の安全な野菜を

4月8日水曜日17:35

テイクアウト情報を発信

4月8日水曜日17:31

阿智村昼神温泉郷のハナモモが見ごろ

4月7日火曜日16:11

現新の前哨戦 熱帯び始め

4月7日火曜日16:09

青空の下 桜満開

4月6日月曜日16:20

自然感じる憩いの場に

4月6日月曜日15:09

「根羽学園」が開校

4月4日土曜日14:23

名桜巡り「少しでも和んで」

4月4日土曜日14:47

夢へ「一歩」踏み出す

4月3日金曜日15:02

カタクリが見ごろ

4月3日金曜日15:00

訪問看護ステーション開設

4月2日木曜日15:05

ピカピカの1年生が祈願

4月2日木曜日15:24

佐藤氏が出馬正式表明

4月1日水曜日16:56

さらしでマスクづくり

4月1日水曜日16:25

「プール開き」へ清掃に汗

3月31日火曜日15:22








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞