終戦玉音放送原稿の写し公開 飯田信金松尾支店で

地域の話題

[ 2017年 8月 17日 木曜日 15時17分 ]

終戦玉音放送原稿の写しと熊谷さん

 飯田市松尾久井の飯田信用金庫松尾支店ロビーで、八幡町の熊谷恒次さん(92)所有の終戦玉音放送の原稿の写しが公開・展示されている。15日の終戦記念日に合わせ、14日から18日まで開催。合わせて、同支店開設30周年記念の一環として、同氏自身の撮影した、戦前から昭和30年代の八幡町周辺の写真も展示している。

 昭和天皇による玉音放送の原本の写しは「なかなかそこらにない」という貴重なもの。熊谷さんは昭和30年頃、軍隊で親友だった軍医から手に入れ、巻物にして大切に保管している。公開・展示は今年2月の松尾地区文化祭に次いで2回目。A4判の大きさに4、5枚つなげている。

 戦時中、熊谷さんは、名古屋航空機で「秋水」という体当たり専門のロケット機を造っていたが、空襲がひどくなったため、松本へ疎開。飛行場でロケット機の試作を続けていたが、昭和20年に召集を受けて金沢へ赴いた。

 加賀百万石のお城の中で「最後の決戦部隊」とされて、毎日、爆弾を抱えて戦車の下に飛び込む演習を行っていた。8月15日正午からの玉音放送で終戦を知り、一命を取りとめたという。

 「軍靴は貴重品で履かせてくれなかったので、自分でわらじを作って履いていた。あれだけの苦労は味わってほしくない。戦争を二度としてはいけない」と強調した。

 戦後、熊谷のし店を営むかたわら、昭和17年から始めた写真を撮り続けている。今回展示しているのは、戦前から昭和30年代の八幡町周辺のモノクロ写真数枚。同支店の山下尚宏支店長(50)は「昭和62年9月に鼎支店から分離しオープンして30周年記念もあって熊谷さんからお借りした」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

水枯れ、残土に懸念の声 リニア青木川工区 大鹿村で説明会

9月22日土曜日14:13

中山間地の魅力探る 三穂で学生が地域へ提言

9月22日土曜日14:42

泰阜分村の跡地訪ねる 飯田日中友好協会が中国訪問 孤児の身元調査も

9月21日金曜日15:47

母親殺害の疑いで娘を再逮捕 飯田市羽場坂町

9月21日金曜日14:37

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26

自殺対策の推進促すキャラバン

9月15日土曜日13:24

園原に3万株のヒガンバナ 24日白蛇縁日で見頃に 特別御朱印も 

9月14日金曜日15:10