繁殖願い216羽、飯伊連合猟友会がキジを野山へ

地域の話題

[ 2009年 11月 13日 金曜日 15時03分 ]

 飯伊連合猟友会(塩澤久一会長)はこのほど、養殖の日本キジ216羽を飯田下伊那各地の野山へ放った。同会を構成する8ブロックの代表が飯田市追手町の県飯田合同庁舎で割り当て分を受け取った後、各支部役員とともにそれぞれの地元へ放鳥し、繁殖を期待した。

 狩猟解禁日を前に毎年実施。鳥類の保護と繁殖とともに、狩猟会員の育成に必要な狩猟鳥類の確保を目的としている。ことしも昨年と同じく大日本猟友会助成事業による112羽と、県補助の狩猟環境整備支援事業による104羽の計216羽を飯伊20数カ所で放った。

 このうち、座光寺支部の横前穣支部長(67)は同市座光寺の鳥獣保護区で放鳥。ダンボール箱に入ったオスとメス2羽ずつが、開封と同時に野山へ飛び立った。

 横前支部長は「昨年に放った区域では『キジが舞う姿が見られるようになった』との報告も受けている。タヌキや野良猫などの天敵は心配だが、負けずに生育し、1羽でも多く繁殖してくれるとうれしい」と願っていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞