美博で皆既月食の観察会

地域の話題

[ 2014年 10月 10日 金曜日 9時55分 ]

 飯田市美術博物館は8日夜、皆既月食をテーマとした天文講座・観察会を追手町の同館で開いた。親子連れや天体ファン、研究者など飯田下伊那内外から約20人が参加。夜空を眺めながら、赤銅色に染まった皆既月食を観察した。

 月食は、太陽によってできた地球の影の中を月が通過することで起こる現象で、月が見える場所ならば全国のどこからでも観察が可能。太陽光がほぼさえぎられた濃い影の中に月が入った状態が皆既月食とされる。

 皆既月食が起こるのは約3年ぶり。講座では飯田御月見天文同好会が講師を務め、空を眺めながら月食や天体、星座の解説を行った。

 午後6時過ぎ、同館屋上に上がって観察会を開催。はじめは空が濃い雲に覆われていたが、徐々に晴れて左下が欠けた状態の月が現れると、あちこちから歓声が上がった。

 参加者は屋上に設置された天体望遠鏡を使ったり、肉眼で食が少しずつ進んでいく様子を観察した。7時25分ごろ、月の全てが地球の影に入り込む皆既食の状態になると、地球の大気で屈折した太陽の赤い光に照らされ、月が赤銅色に。参加者は「オレンジ色になってきた」「はっきり見えるね」などと語り合いながら、約1時間続いた皆既食を眺めていた。

 次回の月食は来年4月4日。同会事務局の奥村茂実さんは「美博では安富桜が咲く頃。夜桜と月食を一緒に楽しめるのでは」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

西下トンネルが開通 松川インター大鹿線 リニア関連で新設、完成祝う

12月15日土曜日15:31

ウィルタネン彗星最接近 昴と競演 

12月15日土曜日15:42

年賀状の投かん始まる 園児は大好きな動物宛てに

12月15日土曜日15:41

先進事例に自社を見つめる ネスク―イイダが新製品・新事業の報告会

12月14日金曜日15:29

源助かぶ菜の漬物販売 生産復活させた大根も提供 泰阜村

12月14日金曜日15:25

仮橋完成で通行止め解除へ 天龍―豊根の県道 土砂崩落から2年ぶり

12月13日木曜日15:10

下農生 伝統のおせち料理に挑戦 7品を調理し重箱へ

12月13日木曜日15:57

南海トラフ地震 3ケースで防災対応 M8で沿岸は連動警戒避難

12月12日水曜日15:04

ノロウイルスが原因 保育園の集団欠席 飯田市

12月12日水曜日15:00

中央道飯田山本―園原間でチェーン義務化 大雪時

12月11日火曜日16:04

星降る夜空と空間演出 冬のナイトツアー始まる 阿智村

12月11日火曜日15:14

20カ国の文化や食通じて 飯田国際交流の夕べ

12月11日火曜日15:37

特産品をギュッと箱詰め 「あなん便冬期」出荷始まる

12月8日土曜日14:09

時計塔の「ぽぉ」が変身 飯田市街地でクリスマス企画 

12月8日土曜日14:16

けん引式車椅子を体験 阿智高地域政策コース ユニバーサルツーリズム

12月8日土曜日14:19