職業訓練校2人が建設技能コンクールで優勝

地域の話題

[ 2009年 11月 19日 木曜日 8時19分 ]

 飯田高等職業訓練校木造建築科の田中滋さん(24)=同市鼎=と清水悠一郎さん(23)=同市上川路・大島建築=のチームがこのほど、松本市で開かれた建設技能コンクールで優勝した。大工職人への道を歩む2人は「大きな自信になった」と話している。

 2人が出場したのは、「ものづくり技能フェア」で開かれた県職業能力開発協会主催のコンクール・建築大工部門。各地の訓練校から14チームが出場し、課題の「屋根のふれ垂木」を制作して精度を競った。

 4時間の制限時間内に、木材を削り、加工し、組み立てる。ふれ垂木は大工の基礎となる技術が集約された複雑な立体で、一部の寸法がずれると全体のバランスが崩れる難しさもあった。

 「相手に迷惑をかけないように、チームワークを大切にしたい」(清水さん)と臨んだ2人は、練習でつくった4つの作品の反省点を念頭に、丁寧に加工することを心がけた。

 「今までのなかで一番うまくいった」(田中さん)という作品が完成し、ほっと安堵。優勝の結果を聞くと「練習した成果が出て本当に良かった」と口をそろえた。

 いずれも同校3年生。大工職人への道を目指し、訓練を重ねている。

 同部門では2人のほか、同校2年生の増沢絋太郎さん、三島大和さんのチームが3位に輝いている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu



記事の検索はこちらから







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事