自粛中も色鮮やかに

地域の話題

[ 2020年 5月 9日 土曜日 13時47分 ]

 阿智村清内路のハナモモが大型連休中に見頃となり、赤、白、ピンクと鮮やかに咲き分けていた。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、村は花の観賞自粛を要請。通過車両や見物客は減ったが、スピードを緩める車も見られた。

 清内路のハナモモの元祖は、大正時代初めに隣接の木曽郡南木曽町の女性と、旧清内路村の男性の結婚記念樹だとされる。女性は清内路に勤めに来ていて、実家から苗木が贈られたという。

 その後、村内の有志が木曽との交流を深め、双方で植栽。清内路では、昭和40年代から国道256号を「ハナモモ街道」にと植栽が進んだ。

 1989(平成元)年には村制100周年記念として「ふるさと村自然園」に400本が植えられた。以降、毎年地区内各所に50~200本の植樹が続けられている。

 国道の両脇では、延べ数百メートルにわたり整然と並び、桃源郷のような美しさを誇っている。

◎写真説明:清内路で咲くハナモモ

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞