花火の下で盆踊りの輪

地域の話題

[ 2020年 8月 12日 水曜日 15時13分 ]

 阿南町新野の「新野子ども育成会」(栗生勝由会長)は10日、夏祭りイベント「思い出づくりの一日」を開いた。昼間は魚のつかみ取り、夜は盆踊りに花火大会と、楽しい夏の思い出に子どもたちの笑顔が広がった。

 新野地区では、新型コロナウイルス感染防止のため、6月の千石平ロードレース大会、8月の盆踊り、9月の行人様御開帳奉納煙火と、地区の風物詩ともいえるイベントが軒並み中止となっている。

 育成会は「自粛、自粛では子どもたちの心身の成長にも影響がある。感染防止対策を十分にとった上で、できることはやるべき」と、例年実施しているこのイベントの開催を決めた。また、盆踊り、奉納煙火の中止を受け「少しでも子どもたちに雰囲気を楽しんでもらいたい」と盛り込んだ。

 盆踊りは小中学校グラウンドに大きな円を描き、一人一人の間隔を広くとった上で実施。子どもから大人まで多くの地区住民が輪になり、今年はあきらめていた盆踊りを、短い時間ながらも満喫した。広がる輪の上空は、地元企業と飯田市の関島煙火製造所協力による打上げ花火が華やかに彩り、歓声を誘った。

 阿南第二中3年生の女子生徒6人はそろって浴衣で参加。毎年盆踊りを楽しみにしているという女子生徒らは「今年は浴衣を着て盆踊りができないと思っていたので、短い時間でもみんなと一緒に踊れてうれしかった。中学3年生、最後の夏の良い思い出ができた」と笑顔で声をそろえた。

◎写真説明:盆踊りを楽しむ参加者ら

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞