花火の下で盆踊りの輪

地域の話題

[ 2020年 8月 12日 水曜日 15時13分 ]

 阿南町新野の「新野子ども育成会」(栗生勝由会長)は10日、夏祭りイベント「思い出づくりの一日」を開いた。昼間は魚のつかみ取り、夜は盆踊りに花火大会と、楽しい夏の思い出に子どもたちの笑顔が広がった。

 新野地区では、新型コロナウイルス感染防止のため、6月の千石平ロードレース大会、8月の盆踊り、9月の行人様御開帳奉納煙火と、地区の風物詩ともいえるイベントが軒並み中止となっている。

 育成会は「自粛、自粛では子どもたちの心身の成長にも影響がある。感染防止対策を十分にとった上で、できることはやるべき」と、例年実施しているこのイベントの開催を決めた。また、盆踊り、奉納煙火の中止を受け「少しでも子どもたちに雰囲気を楽しんでもらいたい」と盛り込んだ。

 盆踊りは小中学校グラウンドに大きな円を描き、一人一人の間隔を広くとった上で実施。子どもから大人まで多くの地区住民が輪になり、今年はあきらめていた盆踊りを、短い時間ながらも満喫した。広がる輪の上空は、地元企業と飯田市の関島煙火製造所協力による打上げ花火が華やかに彩り、歓声を誘った。

 阿南第二中3年生の女子生徒6人はそろって浴衣で参加。毎年盆踊りを楽しみにしているという女子生徒らは「今年は浴衣を着て盆踊りができないと思っていたので、短い時間でもみんなと一緒に踊れてうれしかった。中学3年生、最後の夏の良い思い出ができた」と笑顔で声をそろえた。

◎写真説明:盆踊りを楽しむ参加者ら

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

飯田線が全線再開

9月28日月曜日14:31

90トンの鋼桁を設置

9月28日月曜日14:18

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞