蚕を食べてみよう 全村博でワークショップ 阿智村

地域の話題

[ 2018年 8月 2日 木曜日 15時15分 ]

まゆからサナギを取り出す

 阿智村の全村博物館構想で7月31日、蚕を食べるワークショップが行われた。元養蚕技術員の小林則名さん(74)から蚕や養蚕にまつわる話を学びながら、かつての地域の味を体験した。

 村まるごと博物館に見立てた全村博物館構想では「地域の主要な産業だった養蚕の歴史を振り返ろう」と3日から、蚕の飼育展示を駒場の村コミュニティ館で行ってきた。

 飼育の結果、47個のまゆができた。羽化する前に、地域の食文化も体験しようと試食会を企画。地域の女性ら7人が参加した。

 かみそりやカッターナイフでまゆに切り込みを入れ、中のサナギを取り出した。まゆの中には2重のものも。小林さんによると、糸を吐いている間に温度変化があると、先に出ていた糸が固まってしまい2重になるという。

 サナギよりガになってからのほうがおいしいことなどの蚕にまつわるさまざまな話を紹介。参加者同士も、作業を手伝った思い出などを語り合った。

 取り出したサナギはフライパンで炒め、塩などさまざまな味付けで試食。小林さんは「海から遠い長野県では魚がなかなか手に入らず、虫は貴重なたんぱく源。蚕を食べる習慣も各地にあった」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「新しい学校生活」導入し

6月1日月曜日16:13

学生103人が事前登録

6月1日月曜日16:34

食を通して村を知る

5月30日土曜日13:12

自粛の市民活動再開へ

5月30日土曜日13:03

下條産リンゴ使ってます

5月29日金曜日15:46

伴野運動公園リニューアル

5月29日金曜日15:29

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞