見頃の並木会場に 松川町で15日「桜まつり」

地域の話題

[ 2017年 4月 14日 金曜日 15時04分 ]

片桐松川沿いにある桜並木

 松川町商工会の会員などでつくる実行委員会主催「まつかわ桜まつり」が15日、同町上片桐の片桐松川沿いにある桜並木で開かれる。桜の開花が例年より遅れ、開催を1週間ずらしたところ見頃と重なった。

 ソメイヨシノ約160本が片桐松川沿いに並ぶ。近くの竹村工業の元会長が1985(昭和60)年に植えたもので、毎年この時期になると川沿いをピンク色に染める。

 見事に色づく桜を多くの人に楽しんでもらおうと、実行委は桜まつりを企画し5年目。国道153号に架かる小松川橋の上流広場を会場とし、のぼり旗や案内看板を設置した。

 当日は松川吹奏楽団や地元音楽グループ「スクーターズ」による演奏があるほか、五平餅、焼き鳥、おでん、豚汁、フランクフルトなどの屋台が並ぶ予定。

 桜まつりは午前11時~午後2時ごろまで。約100個のちょうちんをともし夜間も楽しめる。問い合わせは町商工会(電話0265・36・3300)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)