親子で雪に親しもう 平谷村「珍珍幕府」

地域の話題

[ 2017年 2月 4日 土曜日 13時40分 ]

そり大会を楽しむ親子連れ(平谷村で)

 平谷村の平谷高原スキー場ファン感謝デーを兼ねた珍珍幕府冬の陣が4日、同スキー場を舞台に開催した。中京方面や県内から親子連れ客が集まり、そり競争や雪上チャンバラ、綱引きなどの催しを楽しんだ。

 イベントの開幕を告げるセレモニーから大にぎわい。村のキャラクターちんえんもんも登場し、「将軍」を務める小池正充村長も加わっての菓子まきを行った。

 続いてそり競争や雪上チャンバラ、綱引きなどの催しが目白押し。小さな子どもから大人までが雪上で楽しいひとときを過ごした。豚汁サービスもあり、親子で体を温める姿も見られた。

 子ども連れで愛知県豊田市から訪れた男性(42)は「一番近くにあるスキー場なので毎年来ている。たまたまイベントの日に来られてよかった」と笑顔を見せた。

 小池村長は「今年は雪に恵まれ週末の天候もよく、お客さんの評判もいい。スキーの後は温泉にも入ってもらえる。とてもいいシーズンになった」と話してした。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)